スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嬉しい情報!店頭FXと公設取引所の税制統一化の可能性!



最近、FX業者が廃業したとか強制決済されたとか、サービスが終わるとか、スプレッドが広がるとか、レバレッジ規制が施行されてからろくなことがありませんでしたが、久しぶりに嬉しい情報がはいってきました。FXの税金に関する情報です。

http://www.fsa.go.jp/news/22/sonota/20100830-2/01.pdf

金融庁は、平成23年度 税制改正要望項目の1つに◆店頭デリバティブ取引等の申告分離課税化◆をもりこみました。店頭デリバティブ取引とはいわゆる店頭FX業者の相対取引のことです。資料によると、8月にレバレッジ規制が施行されたことで店頭デリバティブ取引(店頭FX)と 市場デリバティブ取引(公設取引所のFX)に大きな差が存在しておらず、同一の取引なのに税率が違う点が問題であることが明記されていました。そのため 市場デリバティブ取引 だけでなく 店頭デリバティブ取引も同一の申告分離課税にする要望が提出されたのです。つまり店頭FXとくりっく365のような公設取引所FXの税制が統一されるかもしれないのです!

これは非常に嬉しい情報ですね。同じFXなのに税制が整備されてない不公平をようやく是正する動きが出てくれたのは喜ばしいことです。しかしすんなりと通るかは疑問です。このブログで何度も言及していますが、くりっく365というのは大分改善されたものの、手数料はかかる、サーバーは弱い、取引時間は短い、対応がずさん、などとひどい取引所です。しかし税制遊具措置があるために、節税をしたい投資家は使わざるを得ない状況にあり、それがくりっく365の存続理由でもあります。しかし税制が統一されてしまえば 【税率の有利】 というくりっく365の最大の魅力がなくなってしまうのです。そうなればくりっく365を使う人はガクンと減ることでしょう。自らの天下り先が危機になる改善を、果たして金融庁は本気でやってくれるのかどうか?


ちなみにFX口座に対して特定口座を導入するという要望も提出されています。特定口座とは、簡単に言うとその口座で儲けた税金を自動徴収してくれる口座のことです。株取引をやっている人はおなじみですね。今まではFXで儲けると、その利益を自分で計算して算出し、毎年年度末に確定申告をしなければなりませんでした。これが面倒なんです。特定口座ならそんな手間が無くなるため、確定申告の手間から開放されます。こちらも是非導入してほしいですね。


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、これらの要望は以前行われた矢野経済研究所のアンケートに該当するものです。今回の要望には間違いなく矢野経済研究所のアンケート結果が影響していますね。あのアンケートに協力してくれた方、すべてに感謝します。何事も無駄じゃないんですよね。俺が・・・私が・・・やっても何も変わらない・・・なんて思わずにこれからもFX投資家としての要望はどんどん行ないましょうね!

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。