スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外為どっとコムの行政処分は見せしめ?



先日業界最大手の外為どっとコムに行政処分がくだされました。最初は業務改善命令でしたが、のちにそれは業務停止命令という厳しいものになってしまいました。これにより10月がまるまる業務停止となり、FX投資家は大騒ぎです。それにしてもこの行政処分の変更は、どうも金融庁が一枚絡んでいるという噂が流れています

http://media.yucasee.jp/posts/index/4770

なんでも金融庁は相次ぐFX業者のシステムトラブルに対する、無言の圧力として業界最大手の外為どっとコムにキツイおきゅうをすえることで他の業者に牽制をしているらしいのです。確かに外為どっとコムは、幾度の異常レート、顧客情報流出、ロスカット誤作動と、かばうことができないほどのことをしているために処分は妥当といえます。レバレッジ規制は全く賛同できませんが、このようなFX業者の安全性を向上させるような対処はどんどん行って欲しいですね。ただ、それなら去年異常レートをだしたくりっく365の処分はどうなんだ!と言いたいですね。あの時もコメルツ銀行に責任押し付けてくりっく365は何も処分がなかったのですから。外為どっとコムの社員は不公平だなって思ってるかもしれません。

ただ、これからレバレッジ規制で売上が大幅ダウンしているところに、さらにサーバー増強の負担が重なってくるというのはFX業者にとっては非常に厳しい状態になってしまいました。つい最近ではFXZEROが消滅してしまいましたが、今後ますます撤退・廃業・消滅するFX業者が相次ぐことでしょう。今のところ、すぐ消えるような業者の情報はありませんが、レバレッジ規制による売上ダウンはすさまじいもののようで、今後どこの業者が撤退することになってもおかしくはなさそうです。

ちなみに外為どっとコムの今後について心配する人が多いですが、まず問題ないと思っていいでしょう。業務停止1ヶ月は痛く顧客流出は避けられそうもありませんが、それでも50万口座を超える顧客がいて、預かり残高が1,000億円に達する業者なのです。金融に精通する方がセミナーを行うなど信頼も厚く、すぐにどうこうなることはないでしょう。無論、絶対安全と言い切ることもできませんが・・・外為どっとコムは顧客資産を全額信託保全してるんで、万一倒産したってお金は保護されます。ただ取引ができなくなる(決済だけはできる)ので、ポジションを持っている方は長期ポジ以外は処分を考えなくてはいけません。ちなみに私は外為どっとコムに8円台で買ったZARJPYがありますが、長期保有なので決済しません。ほったらかしです。それぐらい余裕をもてるようなポジ以外は残さないほうがいいでしょう。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

ハーベストフューチャーズ 金融先物取引業者 胡散臭い テレビ 安全性 MJ TRY 廃止 犯罪 マネックスショック SVC證券 大阪為替倶楽部 ライブドアショック パンタレイ証券 デンマーク 自己資本規制比率 金融庁 SVC マネックス証券 121証券 大証 部分 SAXO ISK 高金利 アライド 2部 マネックスFX kakakufx 通貨ペア MT4 FXA証券 レバレッジ 北海道 スプレッド CMS 岡安商事 FX業界 行政処分 シグマゲイン ポイント 淘汰 商売 登録 時事ドットコム 詐欺 株主 安全 廃業 FX札幌 持ち逃げ バカ 勝ち組 上場 GFT ヒロセ通商 信頼性 ライブドア 競争 負け組 証拠金 やる気 魅力的 完全 撤退 信頼 出資 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。