スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


来年中にくりっく365は動きを魅せるのか?



ご存知のとおり、誰もが不公平感を感じていた店頭FXと取引所FXの税制差別がやっと是正されて、共に申告分離課税の20%に定められました。店頭FXをやっていた方には今年一番の朗報になったと思います。しかし導入は2012年からであり、まだ1年あります。不気味なのは、この1年の間にまたくりっく365などがなにかしでかすんじゃないかってことです。

http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=484&uID=architect

こちらのコラムでは次のような可能性が述べられています。
(1)取引所のレート桁数を変更(2桁→3桁。4桁→5桁)
(2)単位数を変更(1万通貨→1,000通貨)
(3)取引手数料・清算手数料の引き下げ(現行35円→?円。大証は無理か・・・)
(4)レバレッジ規制の枠組みから外す(CFDは既に対象外)
(5)更なる税制優遇を試みる(20%→10%。株では常に10%だが、通算がややこしくなる)
(6)通貨先物へ鞍替え(究極の選択肢。大証にはOMX、TFXにはLIFFEがあるからなぁ・・・)

まず1、のレート桁数は全く影響しませんね。外為オンラインなどはいまだに2桁表示ですが、それを理由に選んでいる人などいませんね。2の単位数も店頭FX業者が圧倒的に優っています。1,000通貨ができるところはざっと出しても、外為どっとコム、サイバー、ヒロセ、FXTS、みんなのFX、MJ、Forex.comとありすぎです。3の手数料も意味ありませんね。ほとんどの店頭FX業者は手数料無料なので。一番嫌なのは4、5の権力乱用ですね。今年の8月にはFXはレバレッジ25倍まで規制されてしまいます。そのときになって取引所だけがレバレッジ100倍がいいとかになったり、税制優遇が10%に下がったりすれば、またも同じことの繰り返しです。まぁ税制優遇だけでもあれだけ言われていたので、また同じような差別をするとは考えにくいですが・・・お上のやることはよくわからんですからね。

まぁ結局のところ税制優遇が無くなった取引所FXは手数料や取引単位数の面から、すでに店頭FXよりはるかに魅力の少ないところに堕ちてしまっています。上記の4、5のようなことが起こらない限りは今後、どんどん顧客が流れていってしまうことでしょう。すでに大証FXは死んでいる状態といっていいです。来年のFXの状況が、個人投資家にとって有利になりますように。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

淘汰 出資 時事ドットコム TRY バカ 岡安商事 金融庁 証拠金 持ち逃げ ライブドアショック ライブドア FX業界 通貨ペア kakakufx テレビ 行政処分 撤退 SVC證券 負け組 犯罪 詐欺 GFT MJ FXA証券 やる気 金融先物取引業者 SAXO 大阪為替倶楽部 マネックスショック 北海道 パンタレイ証券 ポイント 登録 安全 FX札幌 ヒロセ通商 シグマゲイン 121証券 CMS 完全 ハーベストフューチャーズ SVC スプレッド マネックスFX MT4 レバレッジ 競争 廃止 廃業 デンマーク 自己資本規制比率 上場 マネックス証券 勝ち組 部分 2部 大証 胡散臭い 信頼性 アライド 株主 信頼 安全性 魅力的 ISK 高金利 商売 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。