スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今度は岡地がフィリップへFXの事業譲渡



ここのところ、くりっく365の騒動もあってかFX業界が活発に動いています。
中でも廃業ではなく、買収や事業譲渡などがかなり起こっています。
今度は、岡地という商品先物業者のFXサービスが
またもフィリップフィナンシャルに事業譲渡されることが発表されました。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

岡地 : FXの事業譲渡に関するお知らせ

商品先物系の会社である岡地は、自社で実施しているFXサービスを
フィリップフィナンシャルに事業譲渡することを発表しました。
理由は明らかにされていません。

【岡地とは】
正直なところ、岡地と言う業者がどのようなFXサービスをやっていたのか全く知りませんでした。
逆に言えば、それほど知名度も低く、「あれ?やってたの?」という感じです。
ウェブサイトを見てみると18通貨ペアを取り扱っており、
レバレッジは最高40倍、USDJPYのスプレッド4pipsと
全く特徴もない、低スペックのFXサービスでした。
いまどきUSDJPYのスプレッドが4pispでは顧客も集まりませんね。
事業譲渡の理由はわかりませんが、おそらく採算が取れなかったのでしょう

【フィリップフィナンシャルとは】
今回譲渡先になったフィリップフィナンシャルという業者は
知名度も低く、いまいちパッしませんが良質な外資系のFX業者です。
過去にもいろんなFX業者の吸収や合併をしかけたことがあります。
廃業するFROMEAST証券の顧客をポジションごと受け皿となってくれたり、
アイ・トレードFXからFX事業を譲渡されたりして勢力を拡大しています。
先日アトランティックトレードを買収したばかりですが、
まだまだ資本力にものを言わせて勢力を拡大していくようです。

これでフィリップフィナンシャルが買収したり、譲渡されたFX業者のサービスは
FROMEAST証券、アイ・トレードFX、アトランティックトレード、
そして今回の岡地と合わせて4つの業者から手に入れています、。
レバレッジ規制で縮小し始めているFX業界で、
めずらしく攻めに転じている業者なのですね。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/104-08adf60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

SVC證券 信頼性 TRY デンマーク 負け組 SVC 上場 CMS ISK 魅力的 登録 北海道 行政処分 通貨ペア 勝ち組 ポイント ライブドアショック 商売 株主 ライブドア スプレッド 淘汰 信頼 FXA証券 廃止 SAXO ハーベストフューチャーズ 大証 レバレッジ 完全 やる気 マネックス証券 安全 自己資本規制比率 金融庁 パンタレイ証券 出資 2部 FX業界 シグマゲイン バカ 部分 安全性 岡安商事 証拠金 胡散臭い ヒロセ通商 GFT マネックスFX マネックスショック kakakufx 詐欺 持ち逃げ FX札幌 テレビ MJ 121証券 廃業 撤退 MT4 アライド 金融先物取引業者 大阪為替倶楽部 犯罪 高金利 時事ドットコム 競争 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。