スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トレイダーズ証券の悪質手口に気をつけよう!



先日、ある方からトレイダーズ証券に吸収された
EMCOMTRADEのサービスに改悪点があるとの情報をいただきました。
確認してみると、なんと!無料であることが当然のクイック入金で
手数料が取られるように条件が変更させられていたのです!

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

EMCOMTRADE : 吸収分割に伴うサービス内容変更のお知らせ

EMCOMTRADEはEMCOMグループが既存のFX業者
カレンシートレードを買収し、自分色に染め上げた会社でしたが
経営がおもわしくなくトレイダーズ証券に吸収されてしまいました。
吸収ということでポジションの移管などもスムーズにいくかと思っていましたが
吸収についてのメールに信じられない内容が書いてあったのです。

~抜粋~
【TRADERS FX サービス適用日:2009年11月30日(月)】
■入出金手数料
クイック入金時の入金手数料について、お客様のご負担となります。
(現行は弊社負担)
~終~

なんと!無料であることがFX業界では当然であるクイック入金について
11月30日から手数料を頂戴するという内容に変更されるのです

クイック入金はFX業者と銀行の提携により
銀行口座からの入金作業を一瞬で完了させる入金システムです。
これにより私たち投資家はリアルタイムで入金をすることができるようになっています。
まぁ、ほとんどのFX業者で搭載されているものですから説明は不要でしょう。
このクイック入金のシステムは、ほとんどのFX業者のサービスの1つであり
その手数料というのはFX業者が負担するものが一般的でした。
私が知る限りではクイック入金に手数料がかかるところは知りません
手数料がかかるのはGFTやSAXOなどクイックに対応していないところです。

しかし、悪名高きトレイダーズ証券はこのクイック入金に対して
手数料をふっかけるという信じがたい行為を行おうとしているのです!
もちろんクイック入金の手数料無料はFX会社の経営努力によるものであり
有料・無料に関して一切の強制力はなく、有料にしても問題はありません。
しかし、吸収合併のドサクサにまぎれてこのような変更を行い
明確な理由を示そうともせず、メール一通で済ましているのです。

まぁ、システムが同じとはいえ別の会社ですから対応銀行に違いがあるのは仕方ありません。
トレイダーズ証券で対応していない住信SBIネット銀行やモバイル対応などは
対応していないということで一応、納得はできるものです。
しかしそれ以外の対応銀行は今までどおり無料でできるはずなのです。
にもかかわらず有料にする理由がどこにあるのでしょう!

しかも!今度はロスカットの際に手数料を取るというぼったくりまでしています
ロスカット手数料という名目ですが、ただの反対売買に手数料がなぜ必要なのでしょう?
またMJやEMCOM証券のようなほかのEMCOMシステムの業者では
ロスカット手数料はかからないのに、なぜここだけ徴収するのでしょう?

これは経営が思わしくなく、営業売り上げが芳しくないので
本来取るべきでないところから、いろいろ理由をつけて取り捲っている
負け組FX業者の典型的な悪あがき行為と推測することができませんか?

人気もなく悪名も高いトレイダーズ証券ですが、
このたびサービス内容でも劣悪な状況になってしまっています!
過去の悪事ぬきに考えても、
クイック入金やロスカット手数料がかかる業者など
使いたくないのが顧客のホンネです。
ここよりも良質な環境を提供してくれる業者は他にたくさんあります。
今後もトレイダーズ証券の将来は暗いでしょう。
撤退・廃業も時間の問題かもしれませんね。

 

~抜粋~
■ロスカット手数料
ロスカットルール適用時にはロスカット手数料が発生いたします。
1万通貨単位あたり400円(南アフリカランドは10万通貨単位あたり400円)です。
※なお、レバレッジ100倍以上のご注文に関してはロスカット手数料は無料となります。
(現行はロスカット手数料の設定なし)
~終~

 

スポンサーサイト

コメント

口座は持っていませんが、個人的にはここで開設しようとは思いませんw
顧客減 → 手数料UP → 顧客減...
の悪循環になっている感じですね。

Re: タイトルなし

まさしくそのとおりですね。
キャッシュバック目当てに作った方も、
そのキャッシュバックが遅れたりして、
さすがに危険だと気づかれているでしょう。

やはり、時間の問題ですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/106-0de5b790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

出資 株主 スプレッド 商売 2部 登録 上場 マネックスショック 証拠金 安全性 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ 部分 岡安商事 犯罪 時事ドットコム 淘汰 完全 MJ FX業界 デンマーク マネックス証券 行政処分 信頼性 魅力的 121証券 kakakufx SVC證券 ライブドア 負け組 マネックスFX 安全 テレビ MT4 信頼 レバレッジ FXA証券 廃業 通貨ペア シグマゲイン SAXO やる気 SVC 勝ち組 バカ アライド ISK ポイント パンタレイ証券 撤退 自己資本規制比率 廃止 ライブドアショック 詐欺 北海道 金融先物取引業者 胡散臭い 金融庁 CMS 競争 大阪為替倶楽部 TRY 高金利 ヒロセ通商 大証 FX札幌 GFT 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。