スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月のくりっく365取引量は前月比19.1%減



昨年は店頭FX業者の破綻や撤退が相次いで問題になりましたが
その中でもFX界を揺るがしたのがくりっく365の異常レート事件
その事件が起こったのが11月初頭だったのですが
11月の取引量はそれほど減っていませんでした。
12月の取引量は20%ほど減っているのですが大証FXは35%も下がっており
くりっく365を使い続けている人は相変わらず多いようです。

こんなにスプレッドが広く手数料がかかってシステムが貧弱である業者なのに
それでも多くの人が使い続けるのは税制の優遇があるからなんですよね。
これでどんどん東京金融取引所に金が落ちていき、店頭FX業者が減って
ますます公設取引所に人が集まり、天下り先が安泰でウマーーーーとなる
金融庁が描いたシナリオのとおりに動いてしまってるのがもどかしいです。
公設の取引所があるなんて諸外国では聞いたことがないのですが
投資後進国日本ではこの程度のレベルなんでしょうか・・・

まぁそれでも呆れたくりっく365に賛同する企業は少なくなっているようで
大手証券の野村證券や日興コーディアル証券が大証FXに参加していき
これから盛り上がりそうなのは大証FXになっていきそうです。
というか大証FXに頑張ってもらいたいのが個人的な思いですね。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/113-e4fc9430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

行政処分 MT4 テレビ ハーベストフューチャーズ スプレッド アライド 証拠金 SAXO 商売 大阪為替倶楽部 kakakufx ライブドアショック 部分 通貨ペア GFT 詐欺 持ち逃げ SVC 出資 安全 2部 ライブドア SVC證券 廃業 自己資本規制比率 撤退 やる気 金融庁 レバレッジ TRY FX業界 マネックス証券 競争 シグマゲイン ポイント 信頼性 ISK 岡安商事 パンタレイ証券 勝ち組 犯罪 高金利 廃止 信頼 登録 マネックスショック ヒロセ通商 安全性 魅力的 完全 金融先物取引業者 北海道 FXA証券 時事ドットコム 株主 121証券 上場 負け組 CMS 大証 マネックスFX バカ デンマーク MJ FX札幌 胡散臭い 淘汰 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。