スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金融庁がコメルツ銀行を行政処分。それでくりっく365は?



http://www.fsa.go.jp/news/21/syouken/20100108-3.html

金融庁はくりっく365に 「ZARビット8.40」 を提示し
異常レートを引き起こしたとしてコメルツ銀行東京支店に行政処分を課しました。
処分名は電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況です。

そして金融商品取引法第51条の2の規定に基づく以下の業務改善命令を出しました。 

  • 本件についての責任の所在を明確化すること。

  • 東京支店における業務運営(東京金融取引所のマーケットメイク業務の運営を含む。)の適切性を確保するため、グループ本部等から東京支店長への適切な権限付与や、グループ本部等と東京支店長との間の責任分掌の明確化を図ること。その上で、東京支店としての経営管理態勢および業務運営管理態勢(特に、システム管理態勢)の充実・強化に取り組むこと。

  • 異常レートの提示・約定等の事態が生じた場合に、状況把握と適切な対応を迅速・適切に行えるよう、必要な態勢を構築すること。

  • 上記①から③までについて、その実施状況を平成22年2月5日(金)までに書面で報告すること。

まぁ確かに異常レートを提示して、この混乱を引き起こした元凶はコメルツ銀行です。
しかしこの事件では、そもそもくりっく365がそのような異常レートをはじくような
しっかりしたシステムを整備していれば起こらなかったはずです。
処分されるのはコメルツ銀行だけでなく、くりっく365のシステム部門にも責任があると思うのですが
どうもくりっく365はコメルツ銀行にすべて責任をなすりつけて、
この事件の責任を
 ”無かったこと” にしたくてたまらないような印象を受けます。

 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/114-ec042f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

バカ やる気 FX業界 持ち逃げ マネックス証券 FXA証券 ハーベストフューチャーズ MJ 信頼 SVC SAXO アライド 岡安商事 部分 完全 負け組 犯罪 MT4 安全性 淘汰 勝ち組 自己資本規制比率 胡散臭い 証拠金 ISK 大阪為替倶楽部 北海道 kakakufx 登録 2部 CMS 廃業 出資 ライブドアショック 撤退 レバレッジ 安全 金融庁 高金利 シグマゲイン 信頼性 GFT 大証 デンマーク SVC證券 TRY 上場 マネックスFX 121証券 魅力的 ライブドア 詐欺 ポイント 商売 金融先物取引業者 廃止 テレビ ヒロセ通商 スプレッド マネックスショック 株主 パンタレイ証券 FX札幌 時事ドットコム 行政処分 通貨ペア 競争 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。