スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


倒産が騒がれるフォーランドフォレックス



http://www.foreland.co.jp/new/pdf/100128.pdf

現在、FX業界を騒ぎに騒ぎたてているのがフォーランドフォレックスです。
なんとフォーランドフォレックスは顧客にポジションの決済をお願いするという
前代未聞の事を起こしているのです。そりゃあ、騒がれますね。

事の発端は2月より施行される金融信託の整備です。
悪質業者の犯罪の影響で、今年度よりすべてのFX業者は
顧客から預かった証拠金を信託保全しなくてはなりませんでした。
そのため各FX業者は、今までの分別保管から信託銀行へ
証拠金の移し替えを行わなくは成らなかったのです。

ココでフォーランドフォレックスが問題になったのは
信託保全先の変更をする際、信託銀行から
カバー先への保証状が発行されない状態です。

そもそもFX会社というのは、顧客からカバー先へ
注文を取り次いでいるだけの仲介業者です。
しかし顧客から保証金を預り注文を受けると、
まず顧客の保証金はすべて信託銀行へあずけなければなりません。
そうなるとFX会社は、カバー先へ注文をする際の証拠金を
自社でまかなわれなければなりません、。
本来は、信託銀行から保証状といわれる証明書を発行してもらうことで
その保証金を自社で用意擦る必要はないのですが
今回フォーランドフォレックスは、信託先を変える際のゴタゴタで
信託先から保証状を発行してもらえない状況になってしまい、
顧客のポジションを維持する保証金を自社で用意しなければならないのです。

フォーランドフォレックスの預り残高を見てみると、なんと180億円にものぼります。
全部が全部保証金になっているわけではありませんが、相当額の保証金になります。
現在のフォーランドフォレックスはこれと同等の金額を用意しなければいけません。
しかし、小さい業者であるためそんな大金は用意できるはずもなく、
やむなく、顧客へポジションの決済を呼びかけて
フォーランドフォレックスが負担する保証金の額を減らしてくれとお願いしているのです。
特に100lot以上の人は、できるだけ決済してくれとお願いしているのも
100lotの保証金が数千万円にものぼるからです。
期限までにフォーランドフォレックスが自己調達できる資金まで
ポジションの決済が行わなければ、最悪一部のポジが強制決済に奈る可能性もあります。

しかしこの問題の根源は、規則が替わるのに
さっさと信託先を変更しなかった経営陣の不手際と言えるでしょう。
現在フォーランドフォレックスは自己資本規制比率400%以上、
口座数70,000を誇り、黒字経営という ”勝ち組FX会社” ですので
今すぐ倒産することは考えにくいのですが、
今問題がのちのち尾を引いて、人気の暴落、投資家の見切りによって
短時間で倒産へ追い込まれることも十分考えられます。

しっかし、こういう規制で店頭FX業者がヒーヒー言ってるのも
金融庁の目論見どおりとも言えますね。規制、規制といいながら
今回の問題で投資家が影響を受けているのに、なんの手助けもしないですし
こうやって店頭FX業者がどんどん淘汰されて、公設取引所へ投資家を呼び込み
天下り先の収益をあげて、官僚だけが懐があったかくなるというシナリオどおりになりそうです。
いつまでたっても、FXやCFDの税制を全く整備しようとしないのも、
税制をこのままにして、優遇措置がある公設取引所へ誘導するためではないでしょうか?
バカ高い携帯電話の通話料といい、日本は東洋ガラパゴスといわれるのも納得ですね。

スポンサーサイト


コメント

こんにちは。
はじめまして、つい2週間前からFXを始めたものです。
優良と判断してフォーランドフォレックスで口座を開いたのですが
いったい何が起こっているのかわからない所でした。
詳しく書かれていてとても良くわかりました。
なんだかこの国は社会主義へ向かっているように思えてきた。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
社会主義・・・そう感じることもありますが
日本はバリバリの資本主義国家ですよ。
お金を持ってる人が偉くて、しかもやりたい放題なのですから。
まぁ政治家や大企業幹部がガッチリ手を組んで既得権益を手放さないところは
なんだか独裁政権みたいなところもありますけどね。

もう民主党はダメですね。この国は徐々に衰退しながら悪くなる一方です。
新米さんのFXを始めた行為は正しいです。こんなご時世
自分で自分の金を守って増やしていかなければなりませんからね。

現在国の借金はおよそ1000兆円ほど、日本人の金融資産が1400兆円
毎年、国債発行額が40兆ほど、単純計算でも10年程度でパンクします。
その時日本はどうなってしまうのでしょうね?
最終的には中国・アメリカが出てこざるをえませんが
今よりさらに情勢が悪化することは確実でしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/118-297b5808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

SVC證券 信頼性 TRY デンマーク 負け組 SVC 上場 CMS ISK 魅力的 登録 北海道 行政処分 通貨ペア 勝ち組 ポイント ライブドアショック 商売 株主 ライブドア スプレッド 淘汰 信頼 FXA証券 廃止 SAXO ハーベストフューチャーズ 大証 レバレッジ 完全 やる気 マネックス証券 安全 自己資本規制比率 金融庁 パンタレイ証券 出資 2部 FX業界 シグマゲイン バカ 部分 安全性 岡安商事 証拠金 胡散臭い ヒロセ通商 GFT マネックスFX マネックスショック kakakufx 詐欺 持ち逃げ FX札幌 テレビ MJ 121証券 廃業 撤退 MT4 アライド 金融先物取引業者 大阪為替倶楽部 犯罪 高金利 時事ドットコム 競争 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。