スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まさにお手本のようなセントラル短資FXのサービス終了手順



今年の夏頃に、いまわしきレバレッジ規制が開始されます。誰も得をしない世紀の大愚作によって個人投資家は迷惑千万ですがそれはFX業者とて例外ではありません。高いレバレッジをウリにしてきた処はビジネスモデルの転換を迫られています。そして高レバレッジサービスを終了するところも出てきています。今回は短資会社のグループで、業界でも最も安全性と信頼性があるといわれているセントラル短資FXです。

http://www.central-tanshifx.com/newsrelease/2010/0401-02.html


セントラル短資FXは、レバレッジ規制によって高レバレッジサービス 「FXハイパー」 の商品価値が無くなるということを理由に、FXハイパーの終了を決定しました。サービス終了というと、2009年の誠意のない愚企業の振る舞いがフラッシュバックされて悪いイメージがつきまといますが、セントラル短資FXは違います。まずサービス終了まで3ヶ月というかなり長い期間をもっての通達です。顧客にとってはかなり時間があるのでありがたい限りです。そしてFXハイパーのポジションですが、できれば決済をして欲しいとのことですが、希望すればセントラル短資FXの主力サービス:FXダイレクトへの移管も可能です。この辺の対応はぬかりなく、まさにお手本のようなものです。いや、これが普通であって、2009年のひどいところばかり見ていたから、素晴らしい対応に見えてしまうのかもしれません・・・。

まぁ、なんにせよセントラル短資FXで取引している方にとっては全く損害のない対応です。FXハイパーは高レバレッジということでポジションを長期保有している人もあまりいませんし問題は起こらないでしょう。しかしこれから夏の規制開始のかけて、各FX業者のサービス終了が相次ぎそうですね。セントラル短資FXのように紳士な対応をしてくれればいいのですが、2009年に顧客をすさまじくバカにした対応をしたT社のようなところがいつまた出てくるかわかりません。自分が使っているFX会社のNEWS・お知らせには目を配りましょう。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/125-ff173fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

SVC マネックスショック バカ 株主 大阪為替倶楽部 デンマーク 信頼 負け組 商売 部分 持ち逃げ 出資 魅力的 金融庁 ISK FX札幌 胡散臭い ハーベストフューチャーズ 時事ドットコム SVC證券 レバレッジ 証拠金 テレビ 淘汰 kakakufx スプレッド ヒロセ通商 マネックス証券 ライブドア 勝ち組 通貨ペア 大証 2部 SAXO 金融先物取引業者 シグマゲイン 121証券 パンタレイ証券 TRY マネックスFX ポイント ライブドアショック 上場 安全性 行政処分 FX業界 自己資本規制比率 信頼性 CMS 完全 登録 高金利 廃止 詐欺 MT4 MJ 安全 犯罪 GFT 競争 撤退 北海道 やる気 岡安商事 廃業 アライド FXA証券 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。