スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライバルを潰しにかかるクリック証券



先日のようにEMCOM証券(みんなのFX)がついに事業撤退をしました。理由はいくつかありますが、トドメとなったのはもちろんレバレッジ規制です。短期売買向けのFX業者の魅力はスプレッドとレバレッジですから、それをなくされちゃあトドメを刺されたようなもんです。しかしそれと同じ時期にクリック証券は、なんと金利12%還元キャンペーンを行っています。クリック証券はEMCOM証券の顧客をもっていったライバル会社ですが、これを機会にライバル会社を本気で潰しにかかっています。なんと、1000万円入金+取引で、250,000円のキャッシュバックときたもんですから、超がつくほどの大盤振る舞いです。





同じ短期売買向け業者なのに、なぜここまで違ってきたのか?経営方針とか環境とか、いろいろありますが、結局のところ ”顧客がなにを求めていたのか、それを実現していたのか” に尽きるでしょう。確かに1,2年前は各FX業者が凌ぎをけずって低スプレッドやハイレバレッジを出していました。スプレッド小数点、レバレッジ700倍まで競争はいったもんです。しかしその競争もすでに限界を迎え、どこもたいして変わらなくなりました。そして顧客はそういうスプレッド・レバレッジよりも ”サービス内容” を重視するようになっていったのです。

サービスとは、例えば外為どっとコムの外為研究所、セントラル短資FXの売買シグナル、FXプライムのテクニカル分析、そしてクリック証券のスピード注文などです。FX投資家たちはスプレッドやレバレッジにこだわることに飽きて、そういった使いやすさや己のためになるような情報サービスを重視するようになっていったのです。それに対してEMCOM証券はどうだったのか?まるでそういったことに気づかずにスプレッドだ、レバレッジだの古い競争方法を続けていたのです。そりゃあ顧客にあきられるのもムリありません。結果、破綻に至ったのです。これからはスプレッド・レバレッジをアピールポイントにしているFX業者はちょっと危険です。そういうタイプの業者で今後生き残れるのは、取引高が大きい外為オンライン、DMMFX、クリック証券あたりだけになりそうです。他の業者は何らかの方法で取引高を増やさないとジリ貧になり、EMCOM証券と同じ道をたどりそうです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/132-c5ca2952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みんなのFX

05年に逆指値が使えて売買手数料が安い当時のセンチュリー証券現アイディーオー証券を株式トレードのメイン証券会社として口座開設して。100万...

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

安全性 廃止 証拠金 信頼 金融先物取引業者 アライド 出資 テレビ 胡散臭い 勝ち組 ISK 上場 時事ドットコム 魅力的 シグマゲイン レバレッジ 金融庁 通貨ペア FX札幌 MT4 SVC 121証券 岡安商事 ポイント 自己資本規制比率 安全 スプレッド FXA証券 完全 GFT 淘汰 ヒロセ通商 負け組 マネックスFX SAXO 商売 SVC證券 大証 信頼性 ライブドアショック バカ CMS 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ MJ 廃業 kakakufx マネックスショック TRY 部分 デンマーク FX業界 2部 パンタレイ証券 大阪為替倶楽部 登録 マネックス証券 株主 高金利 行政処分 詐欺 やる気 競争 北海道 撤退 ライブドア 犯罪 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。