スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FROMEAST証券がFX事業を譲渡





口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

FROMEAST証券HP : FX事業撤退ニュース(PDF)

2009年1月、FROMEAST証券は
自社のFX事業をPhillip Financials社へ
譲渡することを決定しました。

この原因は資金繰りのようです
FROMEAST証券はカバー先にリーマンブラザーズが入っており、
リーマンの破綻で資金繰りが急激に悪化しました。
自己資本規制比率も200%台から60%台に急激に下落して、
営業が停止させられる水準まで下落したのです。
100%以下になると強制的に営業停止させられるのです。
そのためFROMEAST証券は顧客に迷惑をかけないよう、
ポジションをそのまま受け取ってくれるFX業者を数ヶ月の間探していました。
それがPhillip Financials社だったのです。

このFROMEAST証券は預けた証拠金に金利がつくサービスなど
非常にユニークなサービスを提供していました。
最近ではアイトレードFXという業者が証拠金に
金利がつくサービスをおこなっていますね。
それだけに撤退は残念です。

撤退は残念ですが顧客のことを考えてくれたその対応は
ポジションの強制決済を脅迫してきた内藤証券や
勝手な都合でサービスを終了したコメックスFXなどと比較すれば、
非常に真摯であると判断できます。

いや、サービス業を生業とする会社としては
それぐらいするのが当然なんですが・・・
最近、悪質業者ばっかりなので普通の対応が
非常に真摯に感じられるのははがゆいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/14-a8617bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

淘汰 出資 時事ドットコム TRY バカ 岡安商事 金融庁 証拠金 持ち逃げ ライブドアショック ライブドア FX業界 通貨ペア kakakufx テレビ 行政処分 撤退 SVC證券 負け組 犯罪 詐欺 GFT MJ FXA証券 やる気 金融先物取引業者 SAXO 大阪為替倶楽部 マネックスショック 北海道 パンタレイ証券 ポイント 登録 安全 FX札幌 ヒロセ通商 シグマゲイン 121証券 CMS 完全 ハーベストフューチャーズ SVC スプレッド マネックスFX MT4 レバレッジ 競争 廃止 廃業 デンマーク 自己資本規制比率 上場 マネックス証券 勝ち組 部分 2部 大証 胡散臭い 信頼性 アライド 株主 信頼 安全性 魅力的 ISK 高金利 商売 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。