スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豊商事よりe-kawase 事業撤退のお知らせ



https://www.e-kawase.com/topics/info/detail.html#20100802

レバレッジ規制が行われてから半月、各方面でいろいろトラブルが起きています。業者の再編にも大きく影響しているようで、また撤退した業者がでました。豊商事です。

豊商事はくりっく365よ店頭FXの2つのサービスをもっていた商品先物系の業者でした。サービス開始が10年前と老舗の部類に入る歴史あるサービスですが、特別話すこともないように、目立ったサービスもなく、とりあえず大きな問題もない当たり障りの無いところです。まぁ、人気があったとはいいがたいところで業績はかんばしくなかったようです。今回のレバレッジ規制によって店頭FXをやる魅力がなくなっており、くりっく365と店頭FXのどちらもやっているところは今後店頭FXを廃止することになりそうですね。

さて、毎回のごとく確認している顧客のポジションの行方ですが、どうやら事業を廃止するために受け入れ先もなく、11月26日に強制決済されてしまうようです。豊商事にはくりっく365のサービスもあるのですが、店頭FXからくりっく365への建玉移管は聞いたことがないため、できない可能性が高いです。役に立ちませんね。どこが個人投資家保護のための公設取引所なのでしょうか?

これにより豊商事にはくりっく365のサービスだけが残ることになりました。ですがこちらのサービスもあまり芳しくないようです。なにしろここの手数料は、全くりっく365業者の中でもダントツに高い片道1,050円だからです!往復すると2,100円もかかってしまうバカ高い手数料です。最近はくりっく365業者の間でも手数料合戦が激しくなり、岡三オンライン証券が往復104円、大和証券が50円、インヴァスト証券やトレイダーズ証券にいたっては無料になっています。無料のところと2,100円かかるところどちらがいいかと問われれば、絶対に無料のところですよね。正直言って豊商事はくりっく365でもあまりよい成績を残せそうにありません。今までくりっく365から撤退したところはほとんどありませんが、果たしてどうなるか・・・
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/143-ed745f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。