スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日興コーディアル証券のFXが終了



レバレッジ規制によって国内の店頭FX業者は一部を除いて追い詰められています。すでに外為どっとコム、サイバーエージェントFX、クリック証券などはくりっく365へ参加するなど天下り連中の都合の良い方向へ向かっています。そして取り残されたFX業者はどんどん淘汰されるのです。それは大きな会社でも例外ではありません。またFXサービスを終了するところが出ました。大手証券の日興コーディアル証券です。

http://www.nikko.co.jp/news/2010/n_20100825_01.html

日興コーディアル証券のFXサービス 「イージーFX」 は2010年10月30日をもってサービスを終了することを決定しました。このイージーFXというサービスは、なんと今の時代にいたっても手数料をとっているという時代後れも甚だしいFXでした。100lot以下の取引には1lotあたり、なんと手数料800円もかかっていたのです。それも電話取引ではなくインターネットのリアルタイム取引でです。これは顧客から愛想をつかされてもしょうがない低レベルなサービスでした。おそらく株取引をしていてFXに無知な初心者投資家をターゲットにしただけのものだったのでしょうね。撤退は当然でした。

さて、毎度のごとく確認している顧客のポジションの行方についてですが、現時点ではまだ正確なことは決定していないようで、どうなるかわからない状態です。まぁ、ここで取引している人はほとんどいないといっていいので誰も気にしないかもしれませんね。被害者が少ないという観点から見れば、ポジションの移管なんて面倒なことはせず、全員強制決済の可能性が高いでしょう。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/146-534716e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

競争 マネックスショック 犯罪 ISK デンマーク ライブドア レバレッジ 121証券 登録 上場 FX札幌 大阪為替倶楽部 金融庁 バカ 2部 パンタレイ証券 魅力的 シグマゲイン CMS ハーベストフューチャーズ MT4 胡散臭い 通貨ペア 金融先物取引業者 撤退 アライド ライブドアショック 出資 廃止 やる気 マネックス証券 GFT 詐欺 負け組 淘汰 安全性 高金利 廃業 時事ドットコム 部分 SVC證券 MJ マネックスFX 商売 FXA証券 安全 信頼性 テレビ 完全 TRY 行政処分 スプレッド kakakufx 証拠金 SAXO SVC 岡安商事 北海道 株主 FX業界 大証 自己資本規制比率 勝ち組 ヒロセ通商 持ち逃げ 信頼 ポイント 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。