スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オールインの訴訟:原告団に1.8億円返還



昨年のはじめの頃、オールインという無登録の投資組合が問題となりました。このオールインとは、金融庁に登録すらされていない全く無登録の危険な業者でした。ここと契約した人たちは、地中海のキプロスで海外口座を開き、その口座をカリブ海のパナマから遠隔運用するという、聞くだけならとってもグローバルな事業を展開していました。ところが、そのような ”魅力がありそうな” 胡散臭い話で顧客を募るだけ募って実際は全く資産運用が行われておらずに年間の会費だけを延々と搾取し続けていたようです。その被害総額はFX事件でも前代未聞の100億円を超えると言われています。その訴訟の結果がでました。

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001009090001

札幌市の投資関連会社「オール・イン」が無登録で外国為替証拠金取引(FX)にかかわり、会員約2万人から多額の資金を不正に集めたとされる事件で、同社に損害賠償を求めている東京の元会員ら原告団のもとに、計約1億8千万円が返還されたことがわかった。原告団は約3億5310万円の損害賠償をオール・イン側に求める訴訟を東京地裁に起こしており、約5割が返還されることになる。

東京原告団の弁護士によると、原告団は元会員らの出資金の送金先だったキプロスの電子マネー会社の都内の銀行口座を調べ、約1億8千万円の預金が残っていることを把握。今年4月にマネー会社側を相手取り、約1億8千万円の返還を求めて東京地裁に提訴した。同地裁は請求を全面的に認め、7月に預金の差し押さえ命令を出していた。今月7日、電子マネー会社の口座から、弁護団の口座に同額が送金されたといい、来週にも原告団142人に出資金に応じて返還される。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/151-c30dcd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

安全性 廃止 証拠金 信頼 金融先物取引業者 アライド 出資 テレビ 胡散臭い 勝ち組 ISK 上場 時事ドットコム 魅力的 シグマゲイン レバレッジ 金融庁 通貨ペア FX札幌 MT4 SVC 121証券 岡安商事 ポイント 自己資本規制比率 安全 スプレッド FXA証券 完全 GFT 淘汰 ヒロセ通商 負け組 マネックスFX SAXO 商売 SVC證券 大証 信頼性 ライブドアショック バカ CMS 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ MJ 廃業 kakakufx マネックスショック TRY 部分 デンマーク FX業界 2部 パンタレイ証券 大阪為替倶楽部 登録 マネックス証券 株主 高金利 行政処分 詐欺 やる気 競争 北海道 撤退 ライブドア 犯罪 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。