スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エース交易の店頭FXが廃止!ヒロセ通商が受け皿に



http://www.acekoeki.co.jp/ir/newsrelease/edited/FXnews20110428.pdf

商品先物系の会社であるエース交易の店頭取引サービス 「エースをねらえ」 が終了することになりました。まぁ理由は他のところと同じレバレッジ規制で顧客獲得が難しくなったというものですが、ぶっちゃけて言えば人気がないからです。レバレッジ規制でも顧客は集まるところには集まっているしFXをやる投資家も右肩上がりです。DMMFXやクリック証券などでは口座数や取引高がすさまじい勢いで増えています。特に株価がさえないからFXをやるって人が多いですからね。そんなで言い訳をしながら撤退したところがまた出たわけです。

さてエース交易に関してですが、この手の商品先物業者は例にもれずインチキ詐欺会社であるっことは変わりありません。試しに 「エース交易 詐欺」、「エース交易 行政処分」 などで検索してみてください。わんさか悪い情報が出てきます。まぁこんなところなのです。

【例】http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/sakimono/4934syobun190627.pdf

さて顧客ポジションの行方ですが、これは予想外、ヒロセ通商への移管作業をしてくれるみたいです。もちろん希望者が自主的に申し出ないと消されてしまいますが、こんな商品先物詐欺系の会社がやってくれるのは意外です。さてエース交易にはもう1つFX口座があります。くりっく365のほうですね。豊商事といい、最近は店頭取引を廃止してくりっく365を残す所が多いですが店頭で人気出ないところがくりっく365で人気出るわけないのは簡単に予想できるはずなんですよね。よってこういったところのくりっく365の口座は危ないですよ。

最近のFX業界でもFX業者の2極化が際立ってきているように思えます。2極化とはつまり、「今までの時代遅れサービスしかできない業者」 と 「独自サービスを打ち出して他の業者と差別化を測ってるオンリーワンの業者」 です。DMMFXとかクリック証券とかは後者ですし、エース交易とかは前者です。時代遅れのサービスしかできないFX業者は今後撤退が相次ぐことは何度も申したとおりです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/185-8477d797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

121証券 マネックスショック マネックスFX 出資 パンタレイ証券 信頼性 部分 胡散臭い 負け組 持ち逃げ 高金利 SAXO 自己資本規制比率 時事ドットコム 詐欺 ライブドア レバレッジ マネックス証券 ISK 証拠金 SVC 岡安商事 金融先物取引業者 株主 上場 SVC證券 登録 デンマーク ポイント 2部 魅力的 商売 大阪為替倶楽部 安全性 ハーベストフューチャーズ ヒロセ通商 金融庁 MJ kakakufx 通貨ペア ライブドアショック 勝ち組 撤退 テレビ やる気 TRY 犯罪 廃止 安全 廃業 行政処分 CMS 競争 北海道 スプレッド MT4 シグマゲイン 完全 アライド GFT FX業界 淘汰 バカ FXA証券 FX札幌 大証 信頼 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。