スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


信託保全は完全でなくては!





口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

今までFX業者には信託保全の義務はなく分別保管の義務しかありませんでした。
しかしFX札幌やアルファFXなど分別管理すらしない業者も多く
2009年4月からは信託保全は義務になりました

そこで重要なのが 「完全」 信託保全であるかどうか?
ということです。

実はFX業者の中には信託保全を実施していると謡っておきながら
実際は一部の資金しか信託保全の対象になっていないところも多いのです。
なぜ100%全てではなくそのようなことが多いのか?
それはカンタンにいえばコスト面の問題です。

信託保全には契約先となる信託銀行との間で信託契約が結ばれ、
金額に応じて相応のコストが必ずかかってきます。
またお金を信託口座へ入金してしまうために、カバー先へ預けるお金は
FX業者が自前で用意しなければならないのです。
実質、顧客資金の倍のお金が必要になることになり、
銀行から借りたりと、またコストがかかってしまいます。
そんなことで信託保全にはコストがかなりかかります

今のところ完全信託保全を導入する業者は増えているのですが、
資金力に余裕がないところなどは完全信託保全をしていません。
部分信託保全であることで有名なのが、
「MJ」、「パンタ・レイ証券」、「ヒロセ通商」 といった業者です。
他にも 「FXA証券」、「121証券」 なども部分信託です。
安全な取引をする上では完全信託保全である業者を選ばないと
業者が倒産してしまった後に後悔することになりかねません。

スポンサーサイト

コメント

FXの情報サイト

管理者さま


どうもはじめまして。
FXの情報サイトを運営している管理人の京太郎といいます。


ブログ村の投資関連のカテゴリよりこのブログを拝見させていただき、
もしよかったら相互リンクをお願いできないかと思いご連絡させて頂きました。

こちらからのリンクは下記に掲載しておりますのでご確認下さい。
http://www.fx-success.net/link/p69/


もし相互リンクOKであれば下記を参考にして頂き、
ブログ内のブックマークやお気に入り等に当サイトの追加をお願いします。

■サイト名
FXの情報サイト

■サイトURL
http://www.fx-success.net/

■紹介文
初心者の為の業者選びガイドと負けない為の基礎知識


お知らせしたリンク掲載ページの下にコメント欄がありますので、
もしリンク頂けた場合はコメント欄に一言いただければ嬉しく思います^^

それではよろしくお願いします。

管理人:京太郎

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/19-7d491866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

SVC證券 信頼性 TRY デンマーク 負け組 SVC 上場 CMS ISK 魅力的 登録 北海道 行政処分 通貨ペア 勝ち組 ポイント ライブドアショック 商売 株主 ライブドア スプレッド 淘汰 信頼 FXA証券 廃止 SAXO ハーベストフューチャーズ 大証 レバレッジ 完全 やる気 マネックス証券 安全 自己資本規制比率 金融庁 パンタレイ証券 出資 2部 FX業界 シグマゲイン バカ 部分 安全性 岡安商事 証拠金 胡散臭い ヒロセ通商 GFT マネックスFX マネックスショック kakakufx 詐欺 持ち逃げ FX札幌 テレビ MJ 121証券 廃業 撤退 MT4 アライド 金融先物取引業者 大阪為替倶楽部 犯罪 高金利 時事ドットコム 競争 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。