スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新東京シティ証券がまた行政処分・・・おい・・・



http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/kinshotorihou/8689syobun230715.pdf

なんだか、また新東京シティ証券が行政処分をくらったみたいです。

内容は
1 : 支払未済の経費等を簿外とすることなどにより財産状況を仮装している状況、
2 : 常勤役員が不在である状況
3 : 役員による業務管理が行われていない状況

以上のことからまた、社の純財産額や自己資本規制比率が法定の基準
を下回っている状況を隠すために純財産額等を仮装するといった極めて悪質な行為を行っている状況や、
平成23年3月中旬以降、常勤役員が長期にわたり不在であるなど
内部管理が実質的に機能していない状況は、業務運営上重大な問題があると認められる。

まあもう、自己資本規制比率をごまかすためにいろいろやっていたのが
完全に明るみに出たみたいです。金融庁も仕事してたんですね(笑)
まあこの会社はすでにFX業務を事業譲渡しているためFXにはもう関係ないですが
また別の商品で詐欺行為でも企んでいたのでしょう、さっさと消えて欲しいものです
最近は悪質なFX業者はほぼ完全に淘汰されているので資金面は安全ですが
レバレッジ規制などで廃業や譲渡の危機に陥ってる業者の噂をチラホラ聞きます
こういうのは噂がちょこちょこ出ているときはあまり来ず、いきなり来るもんですから怖いです

店頭業者が不安だからとくりっく365を選ぶ人もいますが、ついこの間もスター為替証券が
なんとまる2日サーバーダウンするという醜態をさらしていますし、毎回朝5~6時のメンテナンスを狙って
投機筋が円高を仕掛けてくるので完全に狙われているくりっく365は使う価値がありません。
ZARの異常レートやサーバーダウンで泣いてからでは遅いですよ
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/193-9a3c4f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。