スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォレックスクラウン終了。口座移管



http://www.fxcrown.com/campaign_seminar.html#new_inf


弱小FX業者:フォレックスクラウンが業務を終了し、FX事業をフィリップ証券に移管することが決まりました。最近は一部のクズ業者を除いてきちんと対応してくれるとことが多く、このフォレックスクラウンも口座の証拠金やポジションをそのままフィリップ証券に移管してくれるみたいです。ただし、それには9月30日までに同意書を郵送しなければならないみたいです。もう1ヶ月もありませんから、そのへんの急な対応はもっと時間をとって欲しかったものですね。ただ、聞いたこともないような業者のため、使っている人もごくわずかなのでしょう。


それと、ロスカットがきちんと作動せず追証を起こした口座が8月もあったようです、。
http://www.ffaj.or.jp/monitoring/account.html
金融先物取引協会の集計では、3月の地震ショックでは1万件もあったのが、8月の急落でも50件ほど出ています。特にくりっく365などは早朝がメンテナンスになっているので、その時間に3月17日のような暴落がくるとロスカットによる逆指値が発動せずに、証拠金残高を上回る損失が出ます。そういう意味でもくりっく365は使えません。

最近流行っている海外FX業者ではなんと 「追証ゼロ」 になっているのが普通みたいです。追証ゼロとは相場がどんな変動で急な損失を出しても、けっして口座残高がマイナスにならずにゼロ処理される仕組みです。正直、なんでこんなことができるのかわかりませんが、ロスカットノ安全性という点からも、もはや海外FX業者のほうがよくなってきているのかもしれません。レバレッジ規制やクズ業者、未整備なロスカットシステム・・・もはや日本のFX業者を使う時代は終わったと言ってもいいです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/195-b9983030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

競争 マネックスショック 犯罪 ISK デンマーク ライブドア レバレッジ 121証券 登録 上場 FX札幌 大阪為替倶楽部 金融庁 バカ 2部 パンタレイ証券 魅力的 シグマゲイン CMS ハーベストフューチャーズ MT4 胡散臭い 通貨ペア 金融先物取引業者 撤退 アライド ライブドアショック 出資 廃止 やる気 マネックス証券 GFT 詐欺 負け組 淘汰 安全性 高金利 廃業 時事ドットコム 部分 SVC證券 MJ マネックスFX 商売 FXA証券 安全 信頼性 テレビ 完全 TRY 行政処分 スプレッド kakakufx 証拠金 SAXO SVC 岡安商事 北海道 株主 FX業界 大証 自己資本規制比率 勝ち組 ヒロセ通商 持ち逃げ 信頼 ポイント 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。