スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スター為替証券、インヴァスト証券にFX部門を譲渡



http://www.starkawase.jp/files/news/20120831.pdf

スター為替証券は、インヴァスト証券にFX部門を譲渡するようです。

予想どおり、FX部門の切り売りが多くなって来ました。レバレッジ規制が終了してから1年が経っており、各社ともどもFX部門でやっていけるかどうかの見極めの時期にきているとみていいのかもしれません。レバレッジ規制によってFX会社はレバレッジを売りにできなくなりました。またスプレッドもギリギリになっており、これ以上の競争は難しい状況です。そのためFX会社は独自のサービスで勝負するようになっていきました。例えばマネースクウェア・ジャパンならトラリピ、インヴァスト証券ならシストレ24ってとこですね。こういった独自サービスがないところは厳しくなりそうです

今回のスター為替証券もそんな独自サービスが見つけられなかった業者に思えます。スター為替証券はかなり前からFX部門とくりっく365部門で事業を転換してきましたが、これといったサービスはなくポインとプレゼントキャンペーンを毎回やっているぐらいでした。目立ったものがない業者だったのです。

一方、インヴァスト証券はFX、CFD、先物、自動売買といろいろ提供してきており、今はシストレ24が非常に好評になっています。シストレ24がインヴァスト証券の代名詞になっていますね。だからこそ人も集まり金も集まる勝ち組のFX会社です。さらに事業拡大のための事業買取を行なっていると思えます。

勝ち負けがハッキリしてきた各FX会社。救いなのはほとんどが事業譲渡であり、廃業や倒産ではなくなったので取引している顧客にとってはほとんど実害がないことですね。今後もサービスがぱっとしないところの事業切り売りが進んでいきそうです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/208-a63bbdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

安全性 廃止 証拠金 信頼 金融先物取引業者 アライド 出資 テレビ 胡散臭い 勝ち組 ISK 上場 時事ドットコム 魅力的 シグマゲイン レバレッジ 金融庁 通貨ペア FX札幌 MT4 SVC 121証券 岡安商事 ポイント 自己資本規制比率 安全 スプレッド FXA証券 完全 GFT 淘汰 ヒロセ通商 負け組 マネックスFX SAXO 商売 SVC證券 大証 信頼性 ライブドアショック バカ CMS 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ MJ 廃業 kakakufx マネックスショック TRY 部分 デンマーク FX業界 2部 パンタレイ証券 大阪為替倶楽部 登録 マネックス証券 株主 高金利 行政処分 詐欺 やる気 競争 北海道 撤退 ライブドア 犯罪 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。