スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CMC Markets Japanが撤退



CMC  Markets  Japan が金融商品取引業の登録を廃止して事業を廃止することを発表しました。

FX・CFDともに両方です。

2012年11月30日においてすべての口座を解約。
ポジションがある場合は強制決済後、登録金融機関への出金だそうです。
一応、海外資本とはいえ日本法人のために信託保全はあり、
出金まではきちんと行われるでしょう。

さて、このところまた強制決済の業者も増えてきました。
海外資本の日本法人の撤退もちらほら入ってきています。
やはり決定的な要因は昨年のレバレッジ規制でしょう。
明らかに2011年と2012年では取引量が減っています。
FX会社への口座開設数は増えているので、取引量の激減ぷりが顕著です。

今後の流れですが、FXというのはもう資産運用の一環として認知されていますので
ある程度縮小したあと、固定化されたマーケットとして残ると思われます。
なんらかのインパクトのあるサービスとかが出ない限り市場拡大は難しいです。
ですのでますます各社におけるパイの奪い合いが激化していき、
一部の勝ち組業者へ集約されていくのが確実です。負け組は撤退や廃業になります。

個人的な予想は次の通り。

【大手業者:吸収する側】
DMM.com証券、GMOクリック証券、外為オンライン:ISHDグループ、外為どっとコム、マネーパートナーズ、マネースクウェアジャパン、セントラル短資FX

【準大手:吸収する側】
ヒロセ通商、サイバーエージェントFX、FXCM証券ジャパン、インヴァスト証券、SBIFXトレード、

【ISグループ】※外為オンライン系列、
アイネット証券、ライブスター証券、FXTS

【落ち目、個人的にヤバイと思うところ】
マネックスFX、サクソバンク証券、JFX、ひまわり証券、上田ハーロー、その他知名度が低いところ多数
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/210-45d4f836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【CMC Markets Japan】

CMC  Markets  Japan が金融商品取引業の登録を廃止して事業を廃止することを発表しました。FX

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

行政処分 MT4 テレビ ハーベストフューチャーズ スプレッド アライド 証拠金 SAXO 商売 大阪為替倶楽部 kakakufx ライブドアショック 部分 通貨ペア GFT 詐欺 持ち逃げ SVC 出資 安全 2部 ライブドア SVC證券 廃業 自己資本規制比率 撤退 やる気 金融庁 レバレッジ TRY FX業界 マネックス証券 競争 シグマゲイン ポイント 信頼性 ISK 岡安商事 パンタレイ証券 勝ち組 犯罪 高金利 廃止 信頼 登録 マネックスショック ヒロセ通商 安全性 魅力的 完全 金融先物取引業者 北海道 FXA証券 時事ドットコム 株主 121証券 上場 負け組 CMS 大証 マネックスFX バカ デンマーク MJ FX札幌 胡散臭い 淘汰 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。