スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイナリーオプション規制も時間の問題か?



http://www.nikkei.com/money/features/26.aspx?g=DGXDZO4735400017102012ENB001

前々から噂はありましたが、バイナリーオプションにも規制の動きが大きくなってきています。

バイナリーオプションとは御存知の通り「2択の選択」オプションです。特定の期日までに指定した為替レートに到達するかしないかを予想したり、特定の期日の相場が現在より上昇するか下降するかを予想したりして利益を得るものです。GMOクリック証券の外為オプションなどが有名ですね。100円単位で 「円安」、「円高」 のどちらかにベットし、当たれば投資金額は2倍、外れればゼロになるのです。

正直、これだけを聞けば賭け事をして2倍になるかゼロになるかのギャンブルみたいに聞こえます。実際そういう声は多く、「短期間の相場の上下という偶然性が含まれる事象に対し、金銭をかける賭博的な一面がある」との声が業界内や当局から出始めていました。当局はFXの規制でもそうですが、とにかく規制をたくさんして仕事を増やすことに熱心です。特に天下り先を用意しないFX業界へは風当たりを強くしているらしいですね。

この当局がいずれ規制に乗り出すのは時間の問題なので、その前にFX会社などが作る金融先物取引業協会が独自のルール作りをする動きが起きています。規制の内容としては、賭博性を薄め個人の射幸心をあおらないような仕組みにするため、購入額に上限を設けたり、予想期間を長くしたりするなどの見直し案が考えられています。今でGMOクリック証券はベット上限を5万円にしていますが、1万円ぐらいまでに抑えられそうですね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/216-f950f6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

ハーベストフューチャーズ 金融先物取引業者 胡散臭い テレビ 安全性 MJ TRY 廃止 犯罪 マネックスショック SVC證券 大阪為替倶楽部 ライブドアショック パンタレイ証券 デンマーク 自己資本規制比率 金融庁 SVC マネックス証券 121証券 大証 部分 SAXO ISK 高金利 アライド 2部 マネックスFX kakakufx 通貨ペア MT4 FXA証券 レバレッジ 北海道 スプレッド CMS 岡安商事 FX業界 行政処分 シグマゲイン ポイント 淘汰 商売 登録 時事ドットコム 詐欺 株主 安全 廃業 FX札幌 持ち逃げ バカ 勝ち組 上場 GFT ヒロセ通商 信頼性 ライブドア 競争 負け組 証拠金 やる気 魅力的 完全 撤退 信頼 出資 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。