スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安全性のポイント2:自己資本規制比率



次にFX業者の安全性を図る上で注目度が高いのが
FX業者が発表している自己資本規制比率の数値です。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

自己資本規制比率とは証券取引法において
証券会社が一定水準を保つことが定められた指標のことです。
算出方法は自己資本から固定的な資産を控除した
固定化されていない自己資本の額を、
発生しうる危険に対応するリスク相当額で除します。
まぁ算出方法を覚える必要はありません。
肝心なのは自己資本規制比率の数値です。

FX業者は4半期ごとに自己資本規制比率を金融庁に報告しなければなりません。
その数値を元に金融庁は以下のような処分を下すことが出来ます。
・ 140%を下回ったとき、FX業者に金融庁への届出を義務づける
・ 120%を下回ったとき、FX業者に金融庁は業務の方法の変更を命じられる
・ 100%を下回ったとき、FX業者を3ヶ月業務停止にすることができる。
そう、100%に迫る水準は危険な状態なので金融庁によって
あらかじめ業務の改善や停止を行うことが出来るのです。
よって自己資本規制比率は高ければ高いほど安心であり
100%台になると非常に危険な状態であると判断できるのです。

安定しているかが重要
しかし、一時の数値だけを見て判断してもいけません。
自己資本規制比率は業者の状況によってかなり変わっており
その数値は急激に変化することがあるのです。
例えばFXオンラインジャパンやFXキングなどは
2008年の推移を見てみると800%の超安全圏から
急に下落して100%台の危険水域まで下がっています。
これはリーマンショックなどのによる資金関連の問題があり、
FROMEAST証券などは60%まで下落して業務停止になりました。
そう、自己資本規制比率を見る時は一時の数値だけでなく
1~2年の推移を見て、安定しているかを確認する必要があるのです

公表してない業者はたいていダメ
また、自己資本規制比率を公表する義務は金融庁だけであり
ホームページなどへ公開をする義務はありません。
そのためホームページで提示していない業者も多いです。
そういった業者に電話やメールで問い合わせをすれば教えてはくれますが、
公表してないだけあって、あんまりよい数値ではありません。
ホームページ上で公表しない業者はたいていダメな状態であり
公表している業者は誠意があり、自信がある業者ともいえるでしょう。

改ざんしている業者も昔はいた
最後に、悪質業者の中にはこの自己資本規制比率を改ざんして
金融庁の監視をまぬがれて顧客を騙そうとする不届きモノもいます。
くにやすFXやJNS、FX札幌などがそれにあたりますね。
まぁこういった悪質業者はほとんどがつぶれていますし
金融庁もかなり本腰を入れて監視しているので最近は安全です。

◆まとめ◆
・ 自己資本規制比率は高いほどよい
・ 100%台にある業者は危険な状態
・ 1~2年で安定しているかを確認する
・ 公開していない業者はたいていダメ

※追記
「どこのFX業者が安定していないの?」という質問があったので載せておきます。
2008年に急激な変動をして安定していない業者と思われるのが
ODLJAPAN、FXオンラインジャパン、三菱フューチャーズ証券、
アイトレードFX、FXキング、FXリアル、MJ、大阪為替倶楽部、
カネツFX、フォレックストレード、マネックスFX、こんなところです。
もちろん安全基準は満たしているので危険な業者ではありません。
あくまで安定していない業者ということです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/27-71fc2526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

安全性 廃止 証拠金 信頼 金融先物取引業者 アライド 出資 テレビ 胡散臭い 勝ち組 ISK 上場 時事ドットコム 魅力的 シグマゲイン レバレッジ 金融庁 通貨ペア FX札幌 MT4 SVC 121証券 岡安商事 ポイント 自己資本規制比率 安全 スプレッド FXA証券 完全 GFT 淘汰 ヒロセ通商 負け組 マネックスFX SAXO 商売 SVC證券 大証 信頼性 ライブドアショック バカ CMS 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ MJ 廃業 kakakufx マネックスショック TRY 部分 デンマーク FX業界 2部 パンタレイ証券 大阪為替倶楽部 登録 マネックス証券 株主 高金利 行政処分 詐欺 やる気 競争 北海道 撤退 ライブドア 犯罪 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。