スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱり続く撤退劇!大阪為替倶楽部



4月に入ってから少々落ち着いたかと思ったFX業界ですが、
やっぱり消えるところが出てきました。大阪為替倶楽部です。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

ニュース : 大阪為倶楽部の撤退

ネットニュース:時事ドットコムによると
大阪為替倶楽部は2009年5月末で
FX業務を廃業するみたいです。
撤退の理由は金融危機による業績悪化です。

しかしこの大阪為替倶楽部は、全くパッとせず
地味なサービスばかりの印象が強かった業者です。
特徴というべきものもなく、ハッキリいってしまうと
「なんで営業していられるのか?」と思ってしまうほどでした。
また今回の廃業のニュースは同社のHPには記載されておらず
ニュースサイトだけにしか記載されていません。
これは誠実さが感じられませんね。廃業もやむなしでしょう。

またこの大阪為替倶楽部はずっと前から
非常に自己資本規制比率が低くて危ないといわれていました
2008年6月には192.5%、9月には149.2%、12月には127.7%と
かなりの危険水域でした。そして2009年3月には発表しなかったことで
業務停止が言い渡される100%をきっていたかもしれません。
自己資本規制比率の安全基準は最低でも200%以上、
500%以上推奨といわれるのはこうゆうことがあるからなんですね。

大阪為替倶楽部は顧客のポジションに関しては
まだ何も発表していないのでどうなるかわかりませんが、
おそらく強制決済はまぬがれないでしょうね。
FX業界の淘汰の時代はまだまだ続くといえるでしょう
逆に考えれば、この苦難の時期でも利益を上げ続けている
FX業者というのは真に強い勝ち組とも言えるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

少ない人数だとしても、顧客を抱えているわけですから
HPでの公式発表が遅れるなんて、ちょっとおかしいです
ちょっと誠実さが欠けてますよね^^;

http://kawase1214.blog27.fc2.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/34-100f190b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FX事業の撤退へ!大阪為替倶楽部!

先日、業界屈指の低スプレッドをひきさげて FX業界へ新規参入する企業もあれば、撤退する企業もあります・・・。 関西に拠点を構えるFX専業...

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

ハーベストフューチャーズ 金融先物取引業者 胡散臭い テレビ 安全性 MJ TRY 廃止 犯罪 マネックスショック SVC證券 大阪為替倶楽部 ライブドアショック パンタレイ証券 デンマーク 自己資本規制比率 金融庁 SVC マネックス証券 121証券 大証 部分 SAXO ISK 高金利 アライド 2部 マネックスFX kakakufx 通貨ペア MT4 FXA証券 レバレッジ 北海道 スプレッド CMS 岡安商事 FX業界 行政処分 シグマゲイン ポイント 淘汰 商売 登録 時事ドットコム 詐欺 株主 安全 廃業 FX札幌 持ち逃げ バカ 勝ち組 上場 GFT ヒロセ通商 信頼性 ライブドア 競争 負け組 証拠金 やる気 魅力的 完全 撤退 信頼 出資 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。