スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついに規制の流れか?CMS日本支店がレバレッジ引き下げ



多くのFX業者はこれまでレバレッジの引き上げこそやっていましたが、
引き下げというのはやらなかったはずです。しかしついにレバレッジを
引き下げる業者が出てきてしまったのです!それがCMS日本支店です

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

CMS日本支社 : 両建て禁止とレバレッジ引き下げ

CMS日本支社はそのまんまアメリカにあるCMSの日本支社です。
ニュースによるとCMS日本支社は両建ての完全禁止と
レバレッジの上限を400倍から100倍に引き下げることを発表しました

しかし注意しなければいけないのは、CMS日本支社はあくまでCMSの支店であり
本社があるアメリカの米国先物取引協会(NFA)によって方針を変えたことです。
アメリカでは金融危機を引き起こした原因がレバレッジであるということで
現在、いろんな分野においてレバレッジの規制が行われています。
FXもその例にもれることなく、レバレッジの規制対象になってしまったようです。

CMSによると ”ほとんどの顧客はレバレッジ100倍程度でしか取引しておらず
平均レバレッジも12倍と低いものなので上限を100倍に設定します” と発表しています。
またマイナー通貨であるZARペアに関しては、なんとレバレッジが25倍まで下げられました。

「CMSは結局アメリカのことじゃん」 と言われればそれまでですが、
金融先進国であるアメリカでレバレッジの規制が始まったということは
日本もそれに追随する可能性がかなり高くなってきたということでもあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/43-37b81fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。