スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


外為オンラインの口座数がハンパなく増えてる



第1四半期の決算が発表されていますが、
それと同じく口座数や自己資本規制比率も公開されてます。
その中でも外為オンラインの口座数がすごい上昇をしています。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

FX業者の口座数を上から順に並べてみました。
無論口座数というのは業者の任意で公開されるので
ここ以外の業者でも口座数が多いところがいくつかあります。

外為どっとコム 406,508
くりっく365(16社計) 154,952
外為オンライン 150,991
ひまわり証券 128,599
セントラル短資FX 111,671
マネーパートナーズ 100,000突破したらしい
サイバーエージェントFX 85,716
FXCMジャパン 72,399
ヒロセ通商 64,409
FXプライム 53,434
MJ(エムジェイ) 46,315
FXトレーディングシステム 40,867
EMCOM証券 26,803
FXA証券 22,294
マネースクウェアジャパン 13,392
アトランティック・F・C 9,797
三京証券 8,130
サザインベストメント 6,904

まず相変わらず外為どっとコムが口座数でダントツのTOPを誇っています。
そして上位にはセントラル短資FXやひまわり証券などが並んでいますが、
その中でも外為オンラインの口座数増加には驚くべきものがあります。
実は外為オンラインの口座数は去年で40,000ほどしかなかったのです
それが今年の口座数150,000になるということは、
たった1年で10万口座増やしたことになるのです。
ハンパない上昇率を誇っていますね。

今年の外為オンラインといえば、やたらCMを見ることがあり
多くの比較サイトで第1位に紹介されているのを見ます。
誰が見ても、FX業界で一番広告費をかけているのが明白ですね
その成果でしょうか、認知度や人気はナンバー1になっています。

しかしその人気とは裏腹に、最近の外為オンラインは
新しいサービスを全く打ち出しておらず、物足りない印象です。
スプレッド固定とはいえ、よく回線が切れるといった苦情も多く
正直いってあんまりいい評判を聞くことがありません。
人気と業者の質は、あんまり比例しないようですね。
まぁそれだけで判断するのは早計ですが、
個人的にはその広告費をサービスの充実性に使って欲しいものです。

 

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/64-1f27bd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。