スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大丈夫なのかSVC證券・・・いやDMM.com証券



DMM.comといえば、某アダルトサイトが有名であり
DMMと聞けばそちらのほうを思い浮かべてしまう人も多いでしょうが
今回、そのDMMがFXに参入をしてきました。
それは何を隠そう、SVC證券だったのです。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

少し前にSVC證券が株主関係のことでゴタゴタしていることを取り上げました。
結局、SVC證券は株主が変わっただけでサービスに大きな変化はなかったのですが、
その株主の要望により、SVC證券はDMM.com証券に社名変更したのです。
一説には旧ライブドア陣営と組んだとも言われています。

SVC證券 : 社名変更のお知らせ(PDF)

DMM.com証券となんとも言いにくい名前になったSVC證券は
旧ライブドア陣がいるEMCOMグループと提携したらしく、
MJやEMCOM証券などで使われているEMCOM系(旧FONOX系)
のシステムを搭載した新しいFXサービスを開始しました。(サービス名:DMMFX)

しかし現在はFX業者が次々と淘汰されていく戦国の時代です。
今後も新たに沈んでいくFX業者がたくさんでるでしょう。
そんな中で新たにFXサービスを始めるというのは正直疑問です。
実際、今年度新しくサービスを始めたフォレックストレードや
EMCOMTRADEはけっして好調とは言いがたい状況です。
ましてやEMCOM系のシステムは約定力が弱く、評判が悪いシステムであり
レバレッジ規制がされてしまえば、トドメをさされてしまいそうなものです。

向こうには向こうのそれなりの経営戦略があるのでしょうが、
他の業者のサルマネシステムであり、独自サービスもないDMMFXは
一FX投資家として、あまりにも魅力にかけるサービスにしか写りません。
せいぜい初回キャンペーンだけGETしようかなと思うぐらいです・・・
余計なお世話かもしれませんが、DMM.com証券の今後が心配です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/65-babfd12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

信頼性 スプレッド 121証券 株主 マネックス証券 撤退 ヒロセ通商 魅力的 行政処分 上場 kakakufx 信頼 競争 ライブドアショック レバレッジ 完全 大証 マネックスショック 高金利 SVC證券 パンタレイ証券 部分 持ち逃げ MT4 出資 ハーベストフューチャーズ TRY 廃業 負け組 淘汰 2部 金融庁 大阪為替倶楽部 アライド 時事ドットコム バカ ポイント 商売 FX札幌 証拠金 シグマゲイン CMS 胡散臭い MJ SAXO 安全 マネックスFX 勝ち組 犯罪 登録 詐欺 FX業界 やる気 北海道 廃止 ISK FXA証券 ライブドア 自己資本規制比率 デンマーク 通貨ペア 岡安商事 安全性 SVC テレビ GFT 金融先物取引業者 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。