スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベルフォードキャピタルマネジメントが事業譲渡



ますます混沌とするFX業界・・・最後に笑うのは誰か?
こんな感じで新サービスを開始する業者もいれば、淘汰されることもありき。
今回はベルフォードキャピタルマネジメントが事業譲渡するみたいです。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

ベルフォードキャピタルマネジメント事業譲渡のお知らせ(PDF)

ベルフォードキャピタルマネジメントは8月21日において
オンラインFX事業をセブンインベスターズへ譲渡することを
2009年7月15日に正式決定したようです。

ベルフォードキャピタルマネジメントという業者は
事業譲渡に追い込まれるほど知名度が無い業者でした。
システムはFXCMのものを使っておりTRY(トルコリラ)が取引できます。
しかし、これといった特別なサービスなどはなく、
他の業者と差別化できるようなものはありませんでした
評判や口コミといったものは皆無であり、
今回事業譲渡を知った人もわずかでしょう。

さて、気になる顧客の資産の行方ですが廃業やサービス終了ではなく
あくまで事業譲渡なので、譲渡先のセブンインベスターズへの移行に
賛成の顧客については資産の移行がなされるようです
ただし、それには書面での賛成が必要なので、
書類が期限までにとどかなかった場合は決済されるでしょう。

しかし最近のFX業界は、どんどん業者が駆逐される一方で、
DMMがSVC證券を買収して、新たに参入してきたり
EMCOMグループが勢力を拡大するなど、業界は目まぐるしく変貌しています。
この生存競争を生き残り、最後に立っているのはどこの業者でしょうか?

 

スポンサーサイト

コメント

そのセブンインベスターズは、親会社のセントラックスが株式を売却しました。
NDCインベストメント→セントラックス→合同会社ジュピターと2度目の親会社
変更ですが、命運はいかに?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/68-3a70be5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

信頼性 スプレッド 121証券 株主 マネックス証券 撤退 ヒロセ通商 魅力的 行政処分 上場 kakakufx 信頼 競争 ライブドアショック レバレッジ 完全 大証 マネックスショック 高金利 SVC證券 パンタレイ証券 部分 持ち逃げ MT4 出資 ハーベストフューチャーズ TRY 廃業 負け組 淘汰 2部 金融庁 大阪為替倶楽部 アライド 時事ドットコム バカ ポイント 商売 FX札幌 証拠金 シグマゲイン CMS 胡散臭い MJ SAXO 安全 マネックスFX 勝ち組 犯罪 登録 詐欺 FX業界 やる気 北海道 廃止 ISK FXA証券 ライブドア 自己資本規制比率 デンマーク 通貨ペア 岡安商事 安全性 SVC テレビ GFT 金融先物取引業者 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。