スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱりなぁ・・・FXキング廃業



ますます混沌とするFX業界・・・笑う業者もいれば、
淘汰されて悔しい思いをする業者もいます。
今度は去年サービスを開始したFXキングが廃業です。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

FXキング : 第一種金融商品取引業廃止のお知らせ
ウェブクルー : 子会社廃業のお知らせ

FXキングは昨年にサービスを開始し、ボクシングの世界チャンピォンである
内藤さんをイメージキャラにして、キングを象徴させた経営をしていました。
サービス開始当初こそスプレッド1pips~で業界のキングでしたが、
その後はスプレッド0pips台の業者が次々と登場し、
もはやFXキングのサービスは魅力的ではなくなり
今日、ついに王座陥落してしまいました(為替侍さんのネタです)

さて、毎度のごとく確認している顧客のポジションですが、
どうやら8月22日までにどうにかしないと、強制決済になるようです。
もちろん信託保全されていたので資産は全部戻りますが
どちらにしても業者の都合に振り回されるのは困ります。

ちなみにこのFXキングの撤退に関して為替侍さんが面白い考察をしています。
やばそうな業者を調べる決め手として、「自己資本規制比率」、「口座数」
そして、その業者のアフィリエイトを調べることを薦めているのです

アフィリエイトとは業者が自社の宣伝のためにブロガーや
ホームページを持っている人に広告を配信します。
そしてその広告経由で口座が開設されるとブログやHPの持ち主に
広告料:アフィリエイト料金が支払われるネット広告のことです。

今のFX業界とアフィリエイトは切っても切れない関係にあります。
どういうことかというと、FX業者の評判にはブロガーの声が大きく影響し
著名なブロガーに認められないFX会社はまず流行らないのです。
大手の外為どっとコムやFXプライムなどは全てアフィリエイトを配信しています。
かなり大きな経費になりますが、ブロガーが自社の宣伝をしてくれるので
どんどん評判がよくなり、どんどん口座数が増えていきます。
アフィリエイトはTVCMのようにダラダラ流しっぱなしのものと違い
口座開設など成果が発生しないと経費がかからない広告です。
そのため費用対効果が非常に優れており、
アフィリエイトをやるほど資金に余力がないか
自社のサービスに絶対の自信をもって広告を配信しない
といった理由がある以外では、
アフィリエイトをやらないFX業者はありません

FXキングはもちろん前者の理由でしょうね。

アフィリエイト料金というのは、要は業者の宣伝費用:広告費ですから
その広告費をバンバン使うってことは非常に儲かってるということでもあるのです。
最近では報道ステーションで外為どっとコムのCMを、
TV東京のWBSで外為オンラインのCMを毎日のように見ます。
大手キー局のCM料となれば、かなりの額になりますね。
それを出せるんですから、そういった業者は景気がいいことがわかります。

さて、そこで問題のFXキングなのですが
FX業者のアフィリエイトをしている方なら知っているかもしれませんが
FXキングは数ヶ月前にアフィリエイト配信をスッパリと止めてしまったのです
もちろん理由は、広告費が経営の圧迫になるからですね。
ちなみに為替侍さんによると、このケースはベルフォードキャピタルや
北辰物産のFX、去年廃業したエキサイトFXにも見られたということです。

最近、あの業者のバナー広告見ないなぁ・・・とか
あれ、この業者アフィリエイト配信止めるの?・・・とか
業者のアフィリエイト配信が停止したことがあれば
それはFX業者の廃業・撤退の予兆かもしれません。
ちなみに私もアフィリエイトをやっており、最近配信がなくなって
ちょっとヤバそうだな・・・って思う業者にかなり心当たりがあります
逆に言えば今のFX業界はこういった深読みをされてしまうため
多くのFX業者はアフィリエイト広告費が負担になりつつも、
いらん心配をされたくないので止めたくても止められないんですけどね。

ちなみに2008年に新しくFXを開始した 「エキサイトFX」、「トレイダーズFX」
そして今回の 「FXキング」 の廃業で去年参入した業者はすべて消えました。
しかも3社ともに廃業の理由が ”金融危機による経営悪化のため” でした。
おそらくFX業界がカンタンに儲かりそうだからと安易な動機で参入してきたのでしょう、
そんな業者がやすやすと生き残れるほど今のFX業界は甘くありません。
さて、今年参入してきたフォレックス・トレード、EMCOMTRADEは
どうなることでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

お世話になってます、為替侍です
FX業界とブロガーは密接な関係ですからね^^
株・投信を扱う証券会社なんかはブロガーとの
タイアップなんてまずやりませんからね
最近で言うとN社あたりがアフィ撤退したようですが・・・^^;

Re: タイトルなし

> お世話になってます、為替侍です
> FX業界とブロガーは密接な関係ですからね^^
> 株・投信を扱う証券会社なんかはブロガーとの
> タイアップなんてまずやりませんからね
> 最近で言うとN社あたりがアフィ撤退したようですが・・・^^;


N社・・・本当ですね。アフィ撤退してます!
いまいちパッとしない業者でしたが、アフィ撤退するということは
ちょっとこの業者も先行きが怪しくなっていますね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/69-c4c417af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

廃止 自己資本規制比率 商売 FX業界 スプレッド デンマーク 株主 ポイント 高金利 SVC 岡安商事 上場 ライブドアショック ライブドア GFT 勝ち組 レバレッジ kakakufx 行政処分 出資 大証 パンタレイ証券 安全 登録 撤退 FX札幌 犯罪 アライド 通貨ペア 持ち逃げ バカ 廃業 大阪為替倶楽部 SAXO テレビ 信頼 魅力的 証拠金 時事ドットコム 2部 マネックスFX 部分 詐欺 ヒロセ通商 安全性 北海道 MJ 121証券 完全 シグマゲイン SVC證券 MT4 TRY ISK 胡散臭い CMS 金融先物取引業者 ハーベストフューチャーズ 淘汰 信頼性 やる気 競争 FXA証券 マネックス証券 マネックスショック 負け組 金融庁 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。