スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネクストインベストメントが撤退



レバレッジ規制が決まったことでさらに混乱し、
これから衰退しそうなFX業界ですが、また業者が消えることになりました。
そう・・・以前の記事で撤退しそうだと予想していたN社です!

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

ネクストインベストメント : 代理店解消のお知らせ(DOC)

上記の発表によるとネクストインベストメントは
GFTの代理店契約を8月31日に解消することを決定したようです。
以前の記事で為替侍さんが 『N社が危ないなぁ・・・』 といい、
私もいろんな点からみてN社は危ないと予想していました。
そのN社こそネクストインベストメントだったのです。
まぁタイトルからしてバレバレなんですけどね・・・

さて、毎度のごとく確認している顧客ポジションの行方ですが
ネクストインベストメントはGFTのIB業者であるために、
珍しいことですが、顧客の損害は全くないのです

実はネクストインベストメントのようなGFTのIB業者というのは
顧客の資産や注文、ポジションをGFT本社へ取り次ぐだけなのです。
つまり顧客のお金はすべて、GFT本社に預けられており
ネクストインベストメントが廃業しても大丈夫なのです。
よって今回の件では、顧客には全く被害はありませんでした。
IB契約の利点が大きく反映された瞬間ですね。
同じようなIB契約をしている業者には、ご存知のように
AFT、サザインベストメントがあります。
もちろん、これらの業者が廃業しても顧客は全く大丈夫です。

まぁ、それにしてもN社が危ないという予想はものの見事に的中してしまいました。
なんで、こう・・・悪い予想ばかりが当たってしまうんでしょうかねぇ・・・
では、もう一度、廃業可能性が高いFX業者にありがちなことを復習してみましょう。

【廃業可能性の高いFX業者に共通するもの】
・ 不人気
・ 低スプレッド
・ 高レバレッジ
・ 最初だけ豪華なキャンペーン
・ リピーター無し、話題性なし
・ アフィリエイト撤退

廃業しそうなFX業者には、上記のような点がよくあてはまります。
以前ネクストインベストメントを分析したところ、6点すべてが合致し、
為替侍さんと共に、確信めいた予想ができました。
特に一番下のアフィリエイト撤退というのはひとつの目安になります。
アフィリエイトは広告ですので、それを抑制するのは
よっぽど固い顧客をつかんでいて、宣伝必要がない業者か
ただ資金がなくなって広告をうつ余裕がない業者だけです。
ブロガーの声が業者の人気に直結するFX業界では
アフィリエイトを打たないことは死活問題になります。
もちろんネクストインベストメントは後者の理由になるでしょう。
最近、アフィリエイトを見てみると、ちらほらと広告を廃止した業者がいます。
例えば、R社とか、H社とかは先月にアフィリエイトから撤退してますし、
あのZ社なんかも、撤退こそしないものの、報酬を引き下げているので
これはちょっと、危ないんじゃないかなぁ・・・と思っています。
後、M社も最近危ない兆候が出ているとのことです。

レバレッジ規制によって、もはやFXは魅力ある投資とはいえなくなりつつあります。
おそらく多くのFX業者が撤退をし、顧客もCFDなどに移っていくことでしょう。
天下り先を確保したいがために、公設取引所へ顧客を誘導させるために
投資家の意見を完全無視して規制をかけた金融庁・・・
こんなやつらがいるから、日本市場は閉鎖的と言われ、
もはや日本は魅力的な投資先ではないと言われてしまうのです。
てか、天下り自体を罰則にしてくれる政治家はいないのでしょうか・・・
いませんよね・・・そういったことがなくなれば政治家なんてやらないから。

スポンサーサイト

コメント

これだけ予想がズバリ的中するっていうのも珍しいですよね・・・。
私の中では、「アフィリエイト撤退は危険シグナル」
というのが自信から確信に変わりましたね^^;

Re: タイトルなし

> これだけ予想がズバリ的中するっていうのも珍しいですよね・・・。
> 私の中では、「アフィリエイト撤退は危険シグナル」
> というのが自信から確信に変わりましたね^^;


ええ、悪い予想ほどよく当たるっていいますからね。
しかし、FX業者もバッタバッタと倒れていますから、
テキトーに矢を投げれば、撤退業者に当たるということかもしれませんね。
レバレッジ規制も決定したことですから、確実に撤退業者が増えますね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/74-c4b53f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。