スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北辰物産の強制決済に行政処分!



これまで多くのFX業者が廃業・撤退をし、
そのほとんどで顧客のポジションが強制決済されてきました。
しかしその行為が違法であり、なんらかの処分が下される可能性が出てきました。
今年の7月に撤退した北辰物産の件に対して行政処分が下されたのです。

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

証券取引等監視委員会:北辰物産株式会社に対する検査結果に基づく勧告について

~上記引用~

  • (1) 取引一任勘定取引の受託・執行

    北辰物産株式会社(以下「当社」という。)FX事業部長(当時。以下「A部長」という。)は、その業務に関し、当社において外国為替証拠金取引を行っていた顧客(以下「顧客B」という。)との間で、当該取引の受託に関して、取引対象通貨、取引の数量、売買の別及び既に成立している取引を期限前に決済すること等について顧客の同意を得ないで定めることができる旨の合意をし(取引一任勘定取引の受託)、当該顧客名義の口座において平成19年3月6日から同年9月4日までの間、C社名義の口座(顧客Bの仮名口座)において同月20日から平成20年3月5日までの間、それぞれ取引一任勘定取引(以下「本件一任取引」という。)を行った(約定件数合計約1,200件、売買手数料を含む損失合計約3,146万円)。

    当該金融商品取引業者及びその使用人が行った上記の行為のうち、平成19年9月29日以前の行為については、取引一任勘定取引の受託を禁止する廃止前の金融先物取引法第76条第3号に違反し、同月30日以降の行為については、投資運用業を行うにつき金融商品取引法第31条第4項に基づく変更登録を受けていないにもかかわらず、当該投資運用業である取引一任勘定取引に係る業務を行ったものであり、同法第29条に違反するものと認められる。

  • (2) 取引一任勘定取引により顧客に生じた損失を補てんする行為

    当社は、平成20年3月5日、顧客Bから、上記(1)の取引一任勘定取引により損失が発生したとして当該損失を補てんするよう要求を受け、当社代表取締役社長(当時。以下同じ。)及び常務取締役等は、当該顧客との間で当該損失の補てんに係る金額・支払時期等に関する交渉を行うなどし、同月28日ころ、当該損失補てんの要求を受け入れることとし、当該顧客に取引損金及び慰謝料等として31,972,501円を支払うことを決め、A部長に対して同額を支払うよう指示した。

    A部長は、上記指示に従い、同年4月3日、本件一任取引により生じた顧客Bの損失を補てんするため、当該顧客に対し、31,972,501円を支払った。

    当該金融商品取引業者及びその使用人が行った上記の行為は、損失補てんの実行等を禁止した金融商品取引法第39条第1項第3号に違反するものと認められる。

  • (3) 検査忌避

    今回臨店検査中において、当社代表取締役社長は、当社が上記(2)の損失補てんに会社として関与していない旨の事実に反する供述をするようA部長に指示し、また、自らもその旨の虚偽供述を繰り返した。

    さらにそのような中で、代表取締役社長は、平成21年3月26日、検査官から上記(1)及び(2)の法令違反行為に係る関係書類を提出するよう指示を受け、その旨を当社役職員に指示したところ、常務取締役から、当該法令違反行為に係る重要な証拠書類である和解書や領収書等の書類5点が保管されていることの報告を受けた。当該報告を受けた代表取締役社長は、上記虚偽供述の内容に相反しない書類1点だけを提出することとし、その他の書類4点については「常務取締役に任せる」旨の指示をしたところ、当該指示を受けた常務取締役は、そのうち3点の書類をシュレッダーにより裁断した。

    当該金融商品取引業者が行った上記の行為は、金融商品取引

  • ~引用終わり~

     

     

    ちょっと文章が難しい言葉ばかりで十分理解できなかったのですが、
    どうやら北辰物産が顧客の同意を得ることなくポジションの決済をしたのは
    金融先物取引法第76条第3号に違反しているということです。

    しかしこの強制決済で顧客が受けた損失を補填する行為も
    損失補てんの実行等を禁止した金融商品取引法第39条第1項第3号
    に違反するみたいで、パンタレイ証券と同じケースだと思われます。

    また、上記の損失補てんに関して北辰物産の社長は
    損失補てんが無かったことにするよう部下に命令をし、
    提出するべき書類5点のうち1点しか提出せずに、残りを
    シュレッダーにかけて証拠隠滅を図ろうとしたことも明らかになりました。

    かなり難解ですが、北辰物産の強制決済は金融先物取引法違反、
    しかし顧客の損失を補填することも違法、
    そして北辰物産は検査に協力しなかった悪質性がある業者
    こんなところがわかったことになります。

    強制決済は違反であるとはいえ、その損失補てんも違反であるということは
    結局のところ顧客の損失が埋まることはなさそうですね。
    ちょっとこの辺は矛盾しているな~と思いますね。
    それとエース交易といい今回の北辰物産といい、
    商品先物業者はやはり信用ならないということもハッキリしました。

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/85-7782a5fe
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    ブックマーク

    カウンター

    カテゴリ

    FX業者の破綻・倒産 (83)
    FX業者のサービス改正 (8)
    FX業者のサービス終了 (20)
    FX業者の行政処分 (14)
    FX業者の事業譲渡 (24)
    FX業者の撤退 (9)
    安全性を検証してみる (8)
    安全な業者はどこか (6)
    FXレバレッジ規制 (11)
    その他 (21)
    くりっく365の愚行 (14)
    金融庁の体質 (1)

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザータグ

    安全性 廃止 証拠金 信頼 金融先物取引業者 アライド 出資 テレビ 胡散臭い 勝ち組 ISK 上場 時事ドットコム 魅力的 シグマゲイン レバレッジ 金融庁 通貨ペア FX札幌 MT4 SVC 121証券 岡安商事 ポイント 自己資本規制比率 安全 スプレッド FXA証券 完全 GFT 淘汰 ヒロセ通商 負け組 マネックスFX SAXO 商売 SVC證券 大証 信頼性 ライブドアショック バカ CMS 持ち逃げ ハーベストフューチャーズ MJ 廃業 kakakufx マネックスショック TRY 部分 デンマーク FX業界 2部 パンタレイ証券 大阪為替倶楽部 登録 マネックス証券 株主 高金利 行政処分 詐欺 やる気 競争 北海道 撤退 ライブドア 犯罪 

    検索フォーム

    生き残るCFDサービス

    格差
    リンク集
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。