スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TONKが登録抹消処分になり、事実上廃業



以前、資金管理が全くなっておらず行政処分を受けたTONKですが
その後も全く改善のメドがたたないので、FX業務を行う上で必要な
金融先物取引業者としての登録を抹消され、事実上廃業となりました

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

東海財務局 : TONKに対する行政処分(PDF)

上記の記事によるとTONKは430万円の債務超過の状態にあるが、
具体的な解消策が策定されていない状態であり、
尚且つ、ここの社長は資金があるようにみせかけて
検査官を欺こうとした虚偽報告をしており、
さらに資金の一部が債権として差し押さえされているのに
顧客にそれを隠し続けていたことまで判明しました。

そういえばTONKが行政処分を受けた時も、
その事実を隠そうとしているかのように
HPには行政処分の事実をなかなか記載しませんでした。

まぁ結局、こういった事実を隠そうとしているような経営者だからこそ
顧客に満足なサービスを提供もできずに自然淘汰されたんです。

この件で一番危惧すべき点は顧客の資産が帰ってくるかです。
PDFの内容によれば、一部資産は債権として差し押さえされている
という文章があったので、全額戻ってくる可能性はかなり低いです。

今回の行政処分によってTONKは東海財務局長(金商)第 28 号
に登録されていた金融商品取引業の資格を剥奪されてしまいました。
もう正規のFX業者ではなくなったのですから、今後営業することはできません。
よってTONKは事実上廃業に追い込まれることになります。
水面下でFX業者の淘汰は確実に進んでいますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/88-522a2438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

やる気 時事ドットコム 金融庁 FXA証券 パンタレイ証券 競争 ヒロセ通商 SVC證券 廃止 大証 マネックスショック デンマーク 登録 CMS 北海道 信頼性 ポイント 完全 株主 自己資本規制比率 ライブドアショック 121証券 FX業界 負け組 岡安商事 GFT kakakufx 持ち逃げ テレビ MT4 アライド 金融先物取引業者 廃業 上場 大阪為替倶楽部 高金利 SAXO レバレッジ 出資 スプレッド マネックス証券 胡散臭い 信頼 SVC 勝ち組 詐欺 シグマゲイン ライブドア 商売 部分 撤退 バカ マネックスFX TRY ISK 2部 MJ 淘汰 FX札幌 証拠金 ハーベストフューチャーズ 魅力的 犯罪 通貨ペア 安全性 行政処分 安全 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。