スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


EMCOMTRADE、トレイダーズに吸収合併!



先日取り上げましたが、EMCOMTRADEがアフィリエイトを終了していることで
その先行きに不透明感が広まっていましたが、早速動きがありました。
なんと悪名高きトレイダーズHDに吸収されてしまうのです!

口座数1位の安心感 : 外為どっとコム
伊藤忠商事の安心感 : FXプライム
FX業界老舗の安心感 : ひまわり証券
強力な約定力の安心感 : マネーパートナーズ

FX 為替 投資のためのブログ記事サイト にほんブログ村 為替ブログへ

トレイダーズHD:EMCOMTRADE完全子会社化(PDF)

最近EMCOMTRADEはその先行きが心配されていました。
理由は業者にとっての広告費:アフィリエイトの撤退です。

以前も書きましたがアフィリエイトは広告費の一種でもあり
積極的にアフィリエイトを展開している業者は、
広告を打つ余裕がある勝ち組の業者であり、
逆に展開できない業者は広告費が打てない
財政に余裕がない負け組FX業者であると判断できます。
そのため今までアフィリエイトを展開していながら唐突にアフィリエイト撤退をするのは
財政が切迫しているということで業者の廃業・撤退のサインになっています。
そんな理由でEMCOMTRADEには注目が集まっていましたが
案外早く動きがあり、トレイダーズHDに子会社化という形で事実上の撤退になりました。

しかし、トレイダーズHDは悪名高きFX業者です。
スプレッド0を売りに作ったトレイダーズFXを2ヶ月でつぶし、
経営資源の最適配分の名目で顧客を無視して
「ネットフォレックス」や「NFXプロ」を強制終了してきました。
きわめて評判の悪い業者であり、ブラックFX業者ともいえます。
そんなトレイダーズが今度はEMCOMTRADEを子会社化するようです。

いつも注目の顧客ポジションの行方ですが、
PDFにはその行方が記述されてないので、まだわかりません
資料によればトレイダーズHDが今やっているトレイダーズFXと
EMCOMTRADEのサービスは統合されるようです。
どちらもEMCOMシステムを採用していることから
顧客の建玉の移管などは可能なはずですが、
顧客のことなど全く省みないブラック業者トレイダーズのことですから
業務上の都合などで・・・なんて理由をつけてやらないかもしれません。

しかし、元々EMCOMグループということで人気が無かったEMCOMTRADEと
悪名高きトレイダーズFXが統合されてもしょうがない気がしますね。
資料によればEMCOMTRADEの口座数は12,695 、
トレイダーズFXにいたっては6,950のみです。
合わせても2万口座に届かず、MJにも及びません。
すこし前FXリアルがかざか証券のサービスを吸収していましたが、
危ない業者+不人気業者ではたいした成果が上がるはずもなく四苦八苦しています。
今回のトレイダーズ+EMCOMTRADEも同じような形なので
結局FXリアルのような形で淘汰されてしまうのではないかと思います。

少々、酷な言い方をすれば 「ムダな抵抗」 って感じです。
もう悪質性が広まりすぎているのだから、さっさとFXから撤退すべきなのが
トレイダーズHDの一番妥当な経営判断なのではないでしょうか?

 

スポンサーサイト

コメント

ドサクサに紛れた改悪

管理人さんもご存知でしたら失礼します。

本日、吸収分割される側のEMCOMTRADEから顧客に向けて
「吸収分割に伴うサービス内容変更のお知らせ」
と題したメールが送付されました。

そこには、現EMCOMTRADEが、吸収分割が実施される11月30日以降についての、
現在のサービスとの変更点が書かれておりました。

残念ながら現在の建玉の取り扱いについての明確な対応についての記述はございませんでしたが、
1期日を指定しての建玉決済の指示が記載されていないこと
2前営業日の11月27日クローズまでは通常通りの取引が可能であるとの記載があること
なので、そのまま移管されるのではないかと思われます。

問題はその点ではなく、変更事項の中に冗談かと思われる記載があったことです。

メール内容一部抜粋
【TRADERS FX サービス適用日:2009年11月30日(月)】
■入出金手数料
クイック入金時の入金手数料について、お客様のご負担となります。
(現行は弊社負担)

以下略(基本的に現TRADERS FXの条件に合わせる内容、
ただどれもこれも現EMCOMTRADEの条件からは悪化)

本当に冗談かと思いました。
私はTRADERS FXにも口座を保有しておりますが、
現在TRADERS FXでもクイック入金に手数料を課金するようなシステムは採用しておりません。
なお、現段階では11月30日からクイック入金に対する手数料を顧客負担にするとのアナウンスはなされていません。

そう”どさくさに紛れて改悪しちまえ!”という悪事が被吸収会社から漏れたのです。

先月はキャッシュバックキャンペーンで、
自らが示した期日に支払いが間に合わない例を出してしまう
という恥ずかしい失態もやらかしています。

トレイダーズ証券、どうにも救いようのない企業ですね。

Re: ドサクサに紛れた改悪

情報ありがとうございます。
クイック入金の手数料が顧客負担とは許しがたい行為ですね。
早速、EMCOMTRADEに問い合わせてみます。
事実が確認でき次第、記事にしてみたいと思います。

こういったFX業者の監視の目が鋭くなるのはとてもいいことですね。
微力ながら、私もどんどんFX業者の悪行を記事にしていこうと思います

ブラック企業 トレイダーズ!

EMCOMとトレイダーズはオーナーが同じ会社だからね。
筆頭株主を見ると両方ともオーナーの資産管理会社。
しかもオーナーは朝鮮系で商品先物で大儲けした人。
上場企業と言えど、根っこが腐ってると皆腐るわね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://barkfx.blog114.fc2.com/tb.php/95-50502a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブックマーク

カウンター

カテゴリ

FX業者の破綻・倒産 (83)
FX業者のサービス改正 (8)
FX業者のサービス終了 (20)
FX業者の行政処分 (14)
FX業者の事業譲渡 (24)
FX業者の撤退 (9)
安全性を検証してみる (8)
安全な業者はどこか (6)
FXレバレッジ規制 (11)
その他 (21)
くりっく365の愚行 (14)
金融庁の体質 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

淘汰 出資 時事ドットコム TRY バカ 岡安商事 金融庁 証拠金 持ち逃げ ライブドアショック ライブドア FX業界 通貨ペア kakakufx テレビ 行政処分 撤退 SVC證券 負け組 犯罪 詐欺 GFT MJ FXA証券 やる気 金融先物取引業者 SAXO 大阪為替倶楽部 マネックスショック 北海道 パンタレイ証券 ポイント 登録 安全 FX札幌 ヒロセ通商 シグマゲイン 121証券 CMS 完全 ハーベストフューチャーズ SVC スプレッド マネックスFX MT4 レバレッジ 競争 廃止 廃業 デンマーク 自己資本規制比率 上場 マネックス証券 勝ち組 部分 2部 大証 胡散臭い 信頼性 アライド 株主 信頼 安全性 魅力的 ISK 高金利 商売 

検索フォーム

生き残るCFDサービス

格差
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。